《代替療法とプロポリス》


代替療法・代替医療とは何か?

代替療法・代替医療というのは、現代の西洋医学以外の医療や療法の総称です。この中には、東洋医学(漢方、鍼灸、気功など)全般、健康食品などのサプリメント、食養生、アーユルべーダ、ホメオパシー、アロマテラピー、カイロプラティック、波動医学、色彩療法、呼吸法、太極拳などの他、医療・療法としてはまだ認知されていない様々な療法が入ります。非科学的なものから作用機構や有効性が科学的に証明されているものまであります。

代替療法(Alternative madicine,Alternative therapy)という呼び名は、主にアメリカで使われてきた言葉で、ヨーロッパでは補完医学、と呼ばれてきました。また、世界保健機構(WHO)では、代替療法の多くを伝統医学として取り扱っています。

西洋医学が薬や手術を施して治療するのに対して、代替医療は免疫力や自然治癒力を高めて病気を治すことがベースとなっています。現在アメリカなどでは医療現場で積極的に取り入れられています。

ページトップ

 欧米では特に関心の高い代替療法

近年、欧米を中心とした先進国で、代替療法は再認識、再評価されていて、特にアメリカ合衆国では、医科大学における代替療法の講座の設置が議会の決定で推進されて、現在、アリゾナ大学をはじめ、ハーバード、コロンビア、スタンフォード、エール、テキサス大学など、125の医学部のうち、75医学部で代替療法の教育が行われています。

また、代替療法に拠出されてた研究費をみると、1990年、アメリカでは、はじめは疑いの目を持って代替療法に関して200万ドルを拠出して研究を始めました。ところがその研究費は年々増え、1998年、研究を始めてから8年目には2000万ドル、1999年には5000万ドル、そして、昨年2000年には6870万ドル(およそ75億円)に達しています。

国民の間でも代替療法に対するニーズは高く、1993年のハーバード大学の調査では、アメリカ国内で代替療法に国民の払った医療費の総額は年間137万ドル、これに対して、一般の病院に支払われいた医療費が128万ドルでした。1998年の調査でも150億ドルが代替療法に使われ、国民の40%が利用していることが確認されました。 代替療法の治療施設を利用した回数でも、国民一人平均2.1回と、一般医療施設へ行った回数1.9回を上まっています。

特に知識層では、病名の診察には一般医療施設を訪れ、治療には代替療法を用いるという傾向が強まっています。

ページトップ

 代替療法が注目される背景

このように代替療法が注目されてきた背景にあるものは、19世紀以来すばらい成果をあげてきた西洋医学が、その限界を露呈し始めているということがあります。現在、病院で主に施されている薬物療法、化学療法、物理療法が、ガンや心臓病、糖尿病等の病気に対して、それほど治療効果を上げられないのです。

これは、今の医療が対症療法に偏っており、病気の根本的な治療がなされないということが挙げられます。また、ガンの治療を例にとれば、現在は、手術、抗ガン剤、放射線が主な治療法ですが、これらの療法は、ガン細胞だけでなく、正常な細胞にもダメージを与えてしまいます。そのため、患者の免疫力や自然治癒力も落ちてしまい、結果的には、ガンの治療による副作用などによって、亡くなってしまうケースが多々あるのです。

そしてもう一つ、今までは、病気になってからの治療が中心であったのが、病気の予防に目が向けられるようになったことなどがあります。医療は、病気の治療ではなく、予防に重点がおかれるようになりつつあります。

代替医療は西洋医学に取って代わるものではありません。西洋医学も含めたさまざまな医療が病気に有効であることがわかり、私たちはその中から自分に合ったものを選べるようになったのです。そのためには、一人一人が、 病院や医者まかせにはしないで、自分の健康は自分で守るとうい意識と、そのための知識を身につけていかなければなりません。

ページトップ

 日本の代替療法の現状

日本には代替療法・代替医療に本格的に取り組む医科大学はありませんが、古くから「漢方薬」や鍼灸などを使用してきた長い歴史があります。実は意外なことに我が国は、従前から漢方薬の保険適用が認められ、マッサージ、針、灸などの中国医学も一部が保険で認められています。日本は先進国で西洋医学に医療が占領されているように思われていますが、実は代替・補完医療については寛大であり、文化的にも民族的にも受け入れやすい社会的民族的素地を持っているといえます。

1998年には金沢で第一回日本代替療法学会(現在は日本補完・代替療法学会)が開かれました。これは日本の医療関係者の間でも代替療法に関心を持つ方が増えていることを物語っています。

ページトップ

 代替療法とプロポリス

そこで、私たちにとって問題なのは、数ある代替療法の中で、何が実際に効果があるのかということです。

これからの医療(予防医学)は、一次予防(病気にならならないための生活習慣、食習慣の改善、免疫力、自己治癒力の強化)と、二次予防(早期発見と治療)なって行くと思われます。

プロポリスには、「健康食品」として健康増進に効果があることは広く知られています。残念ながら「薬事法」の規定により具体的な効果、効能をお伝えできませんが、古代エジプトの昔より世界中で広く飲まれており「健康食品」としての不動の地位を確立しています。

毎日の健康管理に欠かせないパートナーとして、プロポリスをご利用ください。


ページトップ

 がんと代替療法
がんになると多くの人が病院で医学的な治療を受けるほかにいわゆる免疫力を高めることを目的として何らかの代替療法(または民間療法)を試しているようです。米国で 2002 年に行われた調査では、69%のがん患者が何らかの代替・補完療法を少なくとも1回は試しているということです(Richardson,2000)。がんの発生メカニズムを考慮すると、免疫力の維持を行うことが患者にできる最大のことであるという認識は広く一般に知られており、食事や生活の仕方、ストレスマネジメントなどの日常生活調整のほかにプロポリスなどの健康食品、気功やヨガなどの東洋医学などが多くのがん患者によって実際に用いられています。

がん患者の多くが代替療法を試みている理由の最大のものは、西洋医学が提供する治療法がどこまで行っても確率でしか完全治癒ないしは生存率を示すことができないために、命の保証を得ることができないといったものです。生き延びたいという欲求は自然なものであり、人間が持っている本質的な欲求です。この欲求を満たし、死の不安から逃れるために人々は代替療法を試みているといっても過言ではありません。代替療法を求める心の動きは人間として極めて正常なものですし、むしろ健康な心の働きと言うこともできます。
ページトップ

 代替療法の費用について

医学的治療によって完治するという保証がなく、治療が終了しても再発の危険にさらされる場合、人々は効果の検証されていない方法であっても頼りにして、高額の費用を支払って特定の療法を受けようとします。自分自身や大切な家族の命が助かるかもしれないという希望や期待をもって、非常に高価な施療を受け、身体的にも経済的にも大きな負担を負いながらその療法を続けることもあります。

一部の心無い業者は、薬事法に違反するような誇大広告や大げさな宣伝文句よって、高ければ高いほど効き目があると消費者に思わせています。新聞や雑誌を見れば誇大広告のオンパレードです。普通の商品であれば価格の安いものは品質も悪く、価格の高いものは品質も良い、というのが常識です。でもそれは残念ながら、代替医療や健康食品にはまったく当てはまりません。

藁をもつかむ思いで代替療法に気持ちが動くのは分かりますが、経験者の話を聞いたり、ある程度自分でも勉強し、費用的に安くて安全で長続きする療法を選ぶことが大事です。それから、最も大事なのは良心的な業者を選ぶことです。

ページトップ

PCサイトへ


ホーム
Copyright(C) 2004-2012 Vera Cruz Japan. All Rights Reserved.