《プロポリスとは?》

propolis beeプロポリスは自然からの贈り物

プロポリスはミツバチたちが自然界の外敵から自分の巣を守るために、自然界から樹液を集めて体内の酵素と作用させて作る物質で、ミツバチが作り出す抗菌作用の高い、自然からの贈り物です。

プロポリスの語源は、ラテン語のpro(プロ=前、正面)とギリシャ語のpolis(ポリス=都市)に由来します。これはミツバチの巣を都市に見立てて、その前で「敵の侵入を防ぐ城壁」を意味しています。

ミツバチはこのプロポリスを巣の出入り口や巣枠、巣箱の隙間、巣穴の壁などに塗り付けることによって、雨風や冷気を防ぐだけでなく、外部からの細菌の侵入を防ぎ、巣や自らの体をバクテリアやウイルスから守ります。プロポリスはミツバチの巣の中を清潔に保ち、巣を守る、大切な補強材なのです。

プロポリスには健康に良いさまざまな成分が含まれています。この非常に安全性の高い物質を私たちの体内に取り入れる事で健康を維持していこうとの考えにより、プロポリスは古来からさまざまに用いられてきました。


ページトップ
propolis beeプロポリスの歴史

古代ギリシャ時代からプロポリスの効用は知られていたようです。
アリストテレスも『動物誌』の中で健康維持に効果あり、と記述しています。ローマのプリニウスも『博物誌』でプロポリスの有効性を賞賛しています。

古代エジプトでも、プロポリスの防腐効果を利用してミイラづくりに一役かっていたと推測されています。
古代インカ帝国、アラビアでもプロポリスはとても有効性の高い「自然からの贈り物」として知られていました。

イギリスと南アフリカのボーア戦争では、ワセリンにアルコール抽出のプロポリス液を加え使用されていました。

しかし、その後の西洋医学の発達、特にペニシリン等の抗生剤の開発によって、その存在は忘れられていました。

ところが近年、抗生物質の乱用が問題化しているなかで、プロポリスは加速度的にその安全性と効果が見直されています。ブラジルなどでは、どこの薬局でも買えるポピュラーな健康食品として知られていますし、欧米諸国ではその歴史も古く、健康維持に不可欠な食品として使用されている国も数多くあります。(ルーマニア、デンマーク、ドイツ、ロシアなど)

日本では1985年10月に名古屋で開催された国際養蜂会議でプロポリスの働きが紹介されたのを契機に研究が急速に進展しました。国際養蜂会議で紹介されたプロポリスの研究や情報は、日本の養蜂関係者ばかりでなく、研究者や一般の人々にも高い関心を呼び、プロポリスブームのきっかけとなりました。

現在では、さまざまな研究機関でプロポリスの機能について研究がおこなわれ、プロポリスの解明が急速に進んでいます。


ページトップ
propolis beeプロポリスの成分

プロポリスに含まれる成分は何千、何万といわれ『天然有効物質の宝庫』と呼ぶ人もいます。
現在の時点では、約300種類ほど確認されています。中でもフラボノイドは40~50種類含まれていると云われ、プロポリスの健康維持作用の中心的役割を果たしていると考えられています。

このようにプロポリスは有効成分の複合体といってよいでしょう。

主成分ミネラル類ビタミン類

植物中のフラボノイドの多くは配糖体の形で含まれていますが、プロポリスに含まれるフラボノイドは、糖鎖を持たないアグリコンであることが特徴です。これは、ミツバチが植物からフラボノイドを採取した後、消化管内で酵素的に加水分解を行うためと考えられています。


ページトップ
propolis beeプロポリスの抽出方法【アルコール抽出】

昔から行われてきた方法で、現在も最もポピュラーな抽出法です。
プロポリス原塊をエタノールで溶かした後濾過し、エキスを抽出します。
アルコールそのものにも滅菌力があり、製品化されたものが半永久的で、かつ安全性が高い。

※日本の市場には3年や5年、あるいは10年など長期熟成を謳った高額な製品が多数出回っていますが、これらにはあまり意味がありません。なぜならプロポリスの有効成分は、熟成期間が数ヶ月~1年でほぼ完全に抽出されるからです。長期熟成のものは単にアルコール分が飛んで味がまろやかになるだけのこと。ちなみにプロポリスの本場ブラジルには、長期熟成を謳った高級品などは存在すらしていません。


ページトップ
propolis beeブラジル産のプロポリス

プロポリスはミツバチが松ヤニなどの植物の分泌する樹脂状物質を採取してくるものなので世界各国で採取されていますが、ミツバチの能力、植物の種類、気候条件などによって品質は異なります。代表的な植物は松、ポプラ、ユーカリ、パラナなどで、採取国としてはブラジル、中国、オーストラリア、ウルグアイ、ハンガリーなどです。

南米のブラジルでは昔から成長の早いユーカリ樹の植林が盛んで、同国産のプロポリス原塊は起源植物がユーカリ樹系より由来している物が多く、大変殺菌力が強いと言われています。それに加えブラジルで展開されている養蜂はアフリカ蜂化されたヨーロッパ種ミツバチが主で、大変凶暴性が強く、且つ大量のプロポリスを集める能力を持っています。これらの条件に恵まれたことによって、ブラジルはプロポリスの一大産地となったのです。

数あるブラジル産プロポリスの中でも、ミナス・ジェライス州の高原地帯奥地に自生する、ユーカリやアレクリン、アサペシ、カピシンギなどの植物からミツバチが採取したプロポリスが高品質とされています。特にアレクリンの成分が多いほど緑が濃くなり、その原塊はグリーンプロポリスとして高値で取引されています。

ページトップ

PCサイトへ


ホーム

Copyright(C) 2004-2012 Vera Cruz Japan. All Rights Reserved.